余計な残業はなし!「時は金なり」です

荻野鉄筋は、埼玉県越谷市に事務所を構え、埼玉だけでなく東京や茨城などのエリアを中心に鉄筋工事を請け負う会社です。鉄筋の組み立てに美学を持ち、技術の高さはもちろん現場でのスタッフの態度などにも気を配り、常に求められる職人を意識して日々業務に当たっています。おかげさまで業務好調のため、事業拡大を視野に入れた求人を行っています。

 

当社では、サービス精神による余計な残業は求めていません。社長自らが「タイム・イズ・マネー(時は金なり)」の考え方を大切にしており、勤務時間内に業務が終了すれば早上がりとなる日もあります。プライベートも大切にしたい方、オンとオフのメリハリをつけて働きたい方にはぴったりの職場環境です。

 

経験者・未経験者問わず、自分のためにスキルアップしたい、技術を身に付けたいと考えている方ならどなたでも大歓迎です。ぜひ一緒に取り組みましょう!

 

埼玉・越谷の『株式会社 荻野鉄筋』では、事業好調による業務拡大のため、未経験からでも職人を目指す方・手に職を持ちたい方を大募集しています。資格取得支援や独立支援も行っており、一人前の鉄筋工を志す方を全力で応援しています。

私達と一緒に時代に合わせた工法を身に付け、新しい技術を積極的に吸収し成長しませんか?

皆さまからのご応募を心よりお待ちしています!

 

お問い合わせはこちらから

 

詳細はこちら

鉄筋工事の製造方法

鉄筋工事の分野で働こうとお考えの方は、鉄筋がどのようにして製造されるのかについても知っておいて損はないでしょう。鉄筋コンクリート用の鉄筋には、電炉法と高炉法という2種類の製造方法があることで知られています。今回は、これら2つの鉄筋の製造方法について、少しお話をさせて頂きたいと思います。

まず、電炉法ですがアーク式と高周波誘導式とが使用されます。その中でもよく利用されるのは前者のアーク式ですが、アーク式電気炉を使用して酸化精錬と還元精錬のプロセスがあるのが特徴となります。高炉法には銑鉄を製造する製鉄と銑鉄を精錬することで鋼をつくる製鋼の2つのプロセスがあるのが特徴的です。最初に、高炉の中に鉄鉱石とコークスを入れて熱風を吹くと、鉄分ができます。そこからケイ素・硫黄などを取り除いて製鋼していきます。

埼玉県の越谷市の株式会社荻野鉄筋は東京・埼玉エリア中心として鉄筋工事を行なう会社です。住宅の基礎となる鉄筋工事は建物の強度を作る大切な箇所です。正確で安心、安全、そして美しい鉄筋工事を心がけております。現在職人の求人を募集させて頂いておりまして、未経験でも歓迎しておりますのでお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

鉄筋の区分とは?

鉄筋にはその特性に応じて丸鋼と異形鉄筋とに分類することができます。今回は丸鋼と異形鉄筋のそれぞれの鉄筋について、少しお話をさせて頂きたいと思います。

丸鋼は、SR235とSR295の2種類に分かれており、表面が比較的つるつるとしているタイプのものです。現在では一般的に使用されるケースは少なくなっており、丸鋼のタイプの鉄筋を見かける機会も少ないでしょう。なお、SR235は、コンクリート補強のために設計された鉄筋材料で、SR295は鉄筋コンクリートの鉄筋として使用されます。異形鉄筋は、表面にデコボコしている突起がついているのが特徴の鉄筋です。種類としては、機械的な性質によりSD295A、SD295B、SD345、SD390、SD490とに分類されます。例えば、SD345はその性質より高層の建築物などに使用されます。

埼玉県の越谷市の株式会社荻野鉄筋は東京・埼玉エリア中心として鉄筋工事を行なう会社です。住宅の基礎となる鉄筋工事は建物の強度を作る大切な箇所です。正確で安心、安全、そして美しい鉄筋工事を心がけております。現在職人の求人を募集させて頂いておりまして、未経験でも歓迎しておりますのでお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

鉄筋工事施工の流れ

弊社では鉄筋工事に関する業務を行っております。皆さんは、鉄筋工事施工の様子を実際にご覧になったことはありますでしょうか。鉄筋工事は完成後のものをご覧になる機会は多いかと思いますが、製作過程をご存知の方はなかなかいらっしゃらないのではないかと思います。そこで今回は、鉄筋工事の流れについて少しお話をさせて頂きたいと思います。

鉄筋工事は、まず加工帳・施工図を作成することから始まります。これにより材料を決定し、必要に応じて鉄筋を加工していきます。これにより現場の鉄筋を取り付けていきます。鉄筋によってやり方が異なりますので、よく確認をしながら作業を進めます。ここで、篏合という鉄筋同士をつなげていく作業を行います。続いて、鉄筋の交差部をしっかりと縛る結束という作業に入ります。それから最後に鉄筋の強度などを念入りに確認をし、問題がなければ作業終了となります。

埼玉県の越谷市の株式会社荻野鉄筋は東京・埼玉エリア中心として鉄筋工事を行なう会社です。住宅の基礎となる鉄筋工事は建物の強度を作る大切な箇所です。正確で安心、安全、そして美しい鉄筋工事を心がけております。現在職人の求人を募集させて頂いておりまして、未経験でも歓迎しておりますのでお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

鉄筋工事に役立つ玉掛け技能講習とは

鉄筋工事現場では資材を建造物の上層階に持って行く必要があります。
そこではクレーン車に積まれた鉄骨資材を引っ掛ける「玉掛け」という作業が発生します。

この作業は玉掛け技能講習を受けた人でないと対応できません。

資材をワイヤーに引っ掛けるだけの作業でなぜ技能講習を受ける必要があるのか。
その理由は非常に重い資材を持ち上げるため、大きな事故につながる可能性も秘めているからです。

時には1トン以上の重いものを、クレーン車で持ち上げることがあります。
例えば、これが少しでもワイヤーから外れて、下に落ちてしまったらと考えると、とても怖いですね。

そういった事故後を防ぐために正しいワイヤーへの装着方法、資材の安定性のさせ方、クレーン車の運転士への指示などが必要となります。

玉掛け技能講習ではワイヤーロープに荷物を引っ掛ける方法、クレーン車の特徴、資材の安定方法、ワイヤーの構造上の特徴、安全装置の扱い方などについて学んでいきます。
資材を乗せると、どこに力がかかるのかなど力学的な知識も学んでいきます。

クレーン車で荷物を運ぶことは非常に多いですから、玉掛け技能講習を受けると建築業界や土木業界の各所できっと役に立つでしょう。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

メニューを開く